フィッティングについて

子供たち

まずは足の長さを確認

キッズシューズを選ぶ時には、まずは足の長さを考える必要があります。お子さんの足にとって良いとされるのが、実際の足の長さより5mm程度かそれ以上の余裕のあるものとなっています。つま先を確認して、適度な余裕があることを確認してください。

かかとをきちんと入れて

フィッティングを行う際には、きちんとキッズシューズを履く必要があります。靴をきちんと履くためには、靴を履いたらかかとを軽く地面に打ち付けて、かかとを靴にフィットさせるようにしましょう。

立ったり歩いたりしましょう

キッズシューズのフィッティングを行う際には、実際に靴を履いて動いてみることが大切となります。歩いている時にかかとが抜けてしまわないか、違和感を感じる事が無いかを確認するようにしましょう。また、靴が足にきちんとフィットしているのかどうかを実際に触ることによって確かめてみることをお勧めします。

キッズシューズの選び方

甲の調整が可能であるか

キッズシューズを選ぶ時に確認しておきたいポイントとなるのが、足の甲の高さを調整することが可能であるかという事です。キッズシューズはなるべくお子さんの足にフィットさせることが出来るかどうかが大切なのです。

つま先が充分に広いか

お子さんの足に負担をかけさせないためには、つま先にある程度余裕があることが大切となります。つま先に余裕があることによって、地面を蹴り出すことがスムーズとなるからです。

つま先が少し上がっているか

子供にとって良い靴とは、つま先が少し上がっているようなものとなります。つま先が少し上がっていることによって地面を蹴る時の助けとなり、つまずくことが少なくなるのです。

かかとがきちんとサポートできるか

お子さんの歩行をきちんとサポートすることができる靴のポイントとなるのが、かかとがしっかりとした作りであるということです。かかとが丈夫で、お子さんの足がきちんとフィットしているかを確認するようにしましょう。

靴底のクッション性

靴底はお子さんの足への衝撃を緩和させる大切な役割を担っているものです。したがってキッズシューズの靴底のクッション性がきちんとあるのかどうかを確認するようにしましょう。